top of page
  • 松崎 洋治

2型糖尿病→慢性腎不全(人工透析)

依頼者:30歳代男性


結果:障害厚生年金2級(認定日請求)


受給額:約¥1,200,000/年


経緯:点検業務の仕事に就いていたが、

   時々体調不良を感じることはあったが

   欠勤するほどではなかったので特に気にしていなかった。

   会社の健診で数値の悪化が認められ有所見。

   病院で検査をすることを指示された。

   2型糖尿病と診断され治療を開始。

   しばらく治療をして数値が改善されたが、さらなる改善を目指し

   受けるため本格的な治療を受けることとなった。

   高度医療ができる病院で治療。しばらく大きな変化は無かったが、

   数値が悪化。慢性腎不全と診断される。

   徐々に悪化していき、人工透析となる。


ポイント: 多くの人に共通していることが、

      最初のやや体調不良を感じるが、そのままにしていた。

      健康診断で有所見となる、ことから始まるケース。

      疲れなのか体調不良なのか、病気なのか、

      素人には判断がつきにくいと思います。

      健康診断は受診できる機会があれば

      積極的に受けに行きましょう。


      (管轄: 加古川年金事務所)

閲覧数:10回0件のコメント
bottom of page