• 松崎 洋治

脊柱管狭窄症 審査請求3級→2級

更新日:2021年1月21日

依頼者 50歳台 男性


結果 1回目 障害厚生年金3級

   審査請求 → 障害厚生年金2級


受給額 約140万円/年(2級決定金額)


診断書 肢体


経緯   最初の裁定は障害厚生年金3級。

     実際の症状は、下肢3大関節の筋力が著減または消失。

     さらに、常時杖が必要、平衡機能 著しく支障がでている、

     お辞儀や階段の昇降ができない、など著しい支障がでている。

     この状態で3級は間違いと判断、

     審査請求を提出。

     申し立て内容はいたってシンプル、

     「3級は到底納得できない。

      このように著しい支障が出ているが、どの認定基準を基にした裁定か

      教えてほしい。」と。

     年金機構の出方で再審査請求につなげようと考えて提出した不服申立。

     予想を良い方向に裏切り、すんなりと2級に裁定が覆りました。 


     途中、年金事務所での対応のミスや、審査請求などがあったため、

     最終的には受任から2年弱かかった長期案件となりました。

     最後の結果が良かったので、大変お待たせしたのですが

     大いに満足して頂けたようです。


ポイント 肢体の障害年金の認定基準は少し複雑で

     傷病によって重視する内容が変わってきます。

     そのため、裁定する側も違う基準で判断することがあるようです。

     このことから、認定基準にそって不服申し立てをすると

     審査請求の中で一番裁定結果を覆しやすい傷病は

     肢体関係の症状だと思います。

     (西宮年金事務所 管轄)



     

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での