• 松崎 洋治

不安神経症(パニック障害)→ うつ病

最終更新: 1月30日

依頼者:50歳代女性


結果:障害基礎年金2級


受給額:¥779,300/年(事後重症)


経緯:出産後、急激にやる気を喪失。動悸や恐怖心、不安、息苦しさを自覚。

   発作も頻発し、普段の生活も出来なくなったため受診。

   当初は不安神経症(パニック障害)と診断。

   症状が改善されなく、育児にも影響。

   他の病院も受診したが軽快しないので

   受診から遠ざかる → 症状の悪化 → 受診 → 遠ざかる・・・

   を繰り返す。

   病名はうつ病に変更されている。

   障害年金の制度を聞き、当所に依頼。

   主治医に今までの経緯と現在の状況をお伝えして 

   診断書を依頼。

   無事に障害基礎年金2級を受給。


ポイント: うつ病とはじめて診断された時を初診日とすると、

      年金の納付要件を満たさないため、

      それより以前の不安神経症(パニック障害)と診断された

      病院での最初の受診日を初診日と設定しなければいけなかった。

      現在のうつ病と以前の不安神経症が関連が強いことを裏付けする

      根拠資料を揃えて提出。

      

      不安神経症では障害年金に該当しない、いわゆる『神経症』に分類されます。

      うつ病との因果関係を証明することによって、

      不安神経症での初診をうつ病の初診日とすることも可能です。

      (管轄 姫路年金事務所)






4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

双極性感情障害(教員)(遡及)

依頼者:50歳代男性 結果:障害共済年金2級(遡及)、障害共済年金1級(事後重症) 受給額:障害共済年金 約¥6,000,000(遡及分)、 障害基礎年金 約¥4,000,000(遡及分)、 障害共済年金 約¥1,450,000(事後重症)、 障害基礎年金 約¥1,200,000(事後重症) 経緯:長い期間、教員として勤務していたが、 父が亡くなったことにより気力が落ちて疲労が蓄積、 その後出勤が

癲癇(てんかん)・器質性認知障害 遡及

依頼者:40歳代女性 結果:障害基礎年金2級(遡及) 受給額:¥約4,400,000(遡及5年分)、¥780,100/年(事後重症分) 経緯:産まれてすぐに髄膜炎。その影響からか幼児期から大人になるまでの間に 行動がおかしいと指摘されることが度々あった。 震えが出てきたので病院で診てもらうと、脳波異常が認められた。 『てんかん』と診断され薬の処方。 その後ひきつけを起こし、おおきな発作となる。 以

乾癬性関節炎

依頼者:20歳代男性 結果:障害厚生年金3級(事後重症) 受給額:¥585,100/年 経緯:皮膚にかゆみなど自覚。しばらく市販の薬で様子をみていたが 良くならなかった。 そのうち身体の関節部分に痛みが生じ、整形外科などで検査をしてもらうが 異常を発見できなかった。 その後も痛みが収まらなかったが、原因は不明。 何件目かの病院で初めて『乾癬』と診断される。足首・腰・膝・手首・肩・首など あらゆる関

住所:〒675-0017

         兵庫県加古川市野口町

   良野101-6 

障害年金手続き専門・

まつざき社会保険労務士

事務所

 

 社会保険労務士

 障害年金相談員 

           松崎洋治

TEL・FAX   079-440-5606

mail: 

matsuzakisyogainenkin@yahoo.co.jp