• 松崎 洋治

水頭症 

最終更新: 4日前

依頼者 50歳台 女性


結果 障害厚生年金3級 (2級への審査請求・再審査請求は棄却)


受給額 約585,000/年


診断書 肢体


経緯  レイノー症状も重く、細かい作業や自由に外を動くことは難しい状態。

    筋力の低下も著しく、杖が無ければ行動範囲は限定的。

    2級に該当する可能性もあると見込んで診断書を依頼するも

    全体的に軽い内容。主治医に内容が間違っていないことを確認したのち

    提出。

    障害厚生年金3級は認められたが2級が該当せず。

    審査請求・再審査請求をするも

    上肢の症状は軽い点と、下肢はそれなりに歩行可能である診断書の内容によって

    最後まで認められず。


ポイント 水頭症は ” 肢体の機能の障害 ” の認定基準により裁定される。

     今回の案件では、筋力が著減であっても、

     全体的な身体機能を総合的に認定するので

     歩行がある程度可能、上肢の症状は軽いという点から3級と判断された。

     2級を望んでいたが審査結果の3級は妥当だと考えられる。

     (加古川年金事務所 管轄)

    

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

うつ病(異動による)

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級(障害認定日請求) 受給額:約¥1,970,000/年 経緯:大手企業の研究職に勤務。突然の本社異動を命じられ 畑違いの部署に就業。慣れない環境に加えて親のガンの治療など 重なり気分の落ち込み・イライラ感、不眠を認め徐々に症状が憎悪。 家人とも会話は最低限度。ほかの人に対し激高など自制ができなくなる。 ポイント: 研究職が性に合っていたが、本社での企画管

神経叢損傷

依頼者:40歳代男性 結果:障害厚生年金2級(5年遡及) 受給額:約¥6,000,000(5年遡及分) 約¥1,200,000/年(事後重症分) 経緯:夜に友人の運転する車の助手席に乗車中、 やや山中のカーブの多い道で、鹿が飛びだしてきた。 あわてた友人は咄嗟に左ハンドルを切るが 道路脇の電線柱に助手席部分を衝突させた。 助手席に乗っていた依頼者様が重傷を負い、 『 左腕神経叢損傷 』『 左鎖骨下

関節リウマチ 人工関節

依頼者:  40歳代  女性 結果:  障害基礎年金2級 受給額: 約¥780,000/年 経緯:  15年ほど前から両手のこわばり・多関節痛が出現。 医療機関に受診するも症状が悪化。 その後、10年ほど経過した後、左肩関節も破壊が認められ、 両肘・左肩に人工関節置換術。 術後も両手・両ひざ・両足関節に機能障害。 日常生活に著しい支障あり。 遠方でしたが当所に依頼をいただき受任。 以前に御家族が障

住所:〒675-0017

         兵庫県加古川市野口町

   良野101-6 

障害年金手続き専門・

まつざき社会保険労務士

事務所

 

 社会保険労務士

 障害年金相談員 

           松崎洋治

TEL・FAX   079-440-5606

mail: 

matsuzakisyogainenkin@yahoo.co.jp