• 松崎 洋治

てんかん

最終更新: 4日前

依頼者 60歳台 女性


結果 障害基礎年金1級  5年間遡及+事後重症 受給


受給額 約400万円(遡及分含む)


診断書 精神


経緯  意識不明で大学病院へ救急搬送、

    その後地元の大病院へ転院。

    『側頭葉てんかん』 と診断。

    ”大発作” が数か月に1度あり。

    1日のほとんどを臥床、家族の助けが無ければ外には出ることができない。


ポイント 当初、主治医は診断書には軽い内容で記載。3級程度しか見込まれないので

     実際の症状と大きく異なることから、再検討を依頼。

     若き主治医はお忙しい中、こちらの依頼を診察室で対応、

     直接話を聞いて頂き現状に合う診断書を再制作。

     この時に、症状の重さがすぐに判る専門用語をひとつ記入。

     「これがあれば、症状がすぐに判るから」とのこと。

     さすが癲癇の専門医。魔法の一言か!?

     これにより1級が決定。


     ※当初は診断書の内容が現実と比べて軽すぎたので

      なんとなく頼りないと感じた若き主治医。

      ところが、

      たしかに診断書の記載には不慣れでしたが、医師としての知識はすごかった。

      書き足した ”魔法の一言” 

      許可を得ていないので公表できませんが

      そのおかげで何も問題なく1級、それも遡及も認められたという忘れられない

      主治医の手腕でした。

      (加古川年金事務所 管轄)

     

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

うつ病(異動による)

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級(障害認定日請求) 受給額:約¥1,970,000/年 経緯:大手企業の研究職に勤務。突然の本社異動を命じられ 畑違いの部署に就業。慣れない環境に加えて親のガンの治療など 重なり気分の落ち込み・イライラ感、不眠を認め徐々に症状が憎悪。 家人とも会話は最低限度。ほかの人に対し激高など自制ができなくなる。 ポイント: 研究職が性に合っていたが、本社での企画管

神経叢損傷

依頼者:40歳代男性 結果:障害厚生年金2級(5年遡及) 受給額:約¥6,000,000(5年遡及分) 約¥1,200,000/年(事後重症分) 経緯:夜に友人の運転する車の助手席に乗車中、 やや山中のカーブの多い道で、鹿が飛びだしてきた。 あわてた友人は咄嗟に左ハンドルを切るが 道路脇の電線柱に助手席部分を衝突させた。 助手席に乗っていた依頼者様が重傷を負い、 『 左腕神経叢損傷 』『 左鎖骨下

関節リウマチ 人工関節

依頼者:  40歳代  女性 結果:  障害基礎年金2級 受給額: 約¥780,000/年 経緯:  15年ほど前から両手のこわばり・多関節痛が出現。 医療機関に受診するも症状が悪化。 その後、10年ほど経過した後、左肩関節も破壊が認められ、 両肘・左肩に人工関節置換術。 術後も両手・両ひざ・両足関節に機能障害。 日常生活に著しい支障あり。 遠方でしたが当所に依頼をいただき受任。 以前に御家族が障

住所:〒675-0017

         兵庫県加古川市野口町

   良野101-6 

障害年金手続き専門・

まつざき社会保険労務士

事務所

 

 社会保険労務士

 障害年金相談員 

           松崎洋治

TEL・FAX   079-440-5606

mail: 

matsuzakisyogainenkin@yahoo.co.jp