• 松崎 洋治

てんかん

最終更新: 1月21日

依頼者 60歳台 女性


結果 障害基礎年金1級  5年間遡及+事後重症 受給


受給額 約400万円(遡及分含む)


診断書 精神


経緯  意識不明で大学病院へ救急搬送、

    その後地元の大病院へ転院。

    『側頭葉てんかん』 と診断。

    ”大発作” が数か月に1度あり。

    1日のほとんどを臥床、家族の助けが無ければ外には出ることができない。


ポイント 当初、主治医は診断書には軽い内容で記載。3級程度しか見込まれないので

     実際の症状と大きく異なることから、再検討を依頼。

     若き主治医はお忙しい中、こちらの依頼を診察室で対応、

     直接話を聞いて頂き現状に合う診断書を再制作。

     この時に、症状の重さがすぐに判る専門用語をひとつ記入。

     「これがあれば、症状がすぐに判るから」とのこと。

     さすが癲癇の専門医。魔法の一言か!?

     これにより1級が決定。


     ※当初は診断書の内容が現実と比べて軽すぎたので

      なんとなく頼りないと感じた若き主治医。

      ところが、

      たしかに診断書の記載には不慣れでしたが、医師としての知識はすごかった。

      書き足した ”魔法の一言” 

      許可を得ていないので公表できませんが

      そのおかげで何も問題なく1級、それも遡及も認められたという忘れられない

      主治医の手腕でした。

      (加古川年金事務所 管轄)

     

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での