top of page
  • 松崎 洋治

1級の更新手続(統合失調症+知的障害)

依頼者:30歳代女性


結果:障害基礎年金1級の更新


経緯:統合失調症と知的障害で1級を受給中のお客様より

   更新手続きの御依頼。

   主治医の先生は障害年金の内容は詳しいが、

   診断書の内容で反映される具体的な効果まではわからない御様子。

   それを敏感に不安として反応したお客様が

   無事に1級の更新が認められるようにサポートしてほしい

   という御相談でした。


   確かに、お客様のおっしゃる通りで、

   先生はどこに何を書けば1級、2級、3級となるだろうという

   知識は豊富でした。

   ただし、いわゆる ”NGワード” についての事、

   または

   精神疾患である統合失調症と知的障害を1枚の診断書で記載できる事など

   御理解していなかったことから、

   手続き面での不慣れさは感じました。

   

   お客様と同伴して、

   先生にもご説明して、

   無事に1級の更新が認められました。


ポイント:重い精神疾患のお客様は、

     この更新結果が決まるまで不安で不安で体調が崩れるケースも見受けられます。

     数日おきに何度も結果を聞いてくるのですが、

     さすがにまだ決定までは早すぎるので、

     その都度励ましたり慰めたり勇気づけたり・・・。

     でも確定事項ではないので

     あまり確信したような事も言いづらいので

     言葉を慎重に選びながら途中経過を申し上げる必要がありました。


     受験結果を待っているような状況ですね。

     健常者でも緊張します。

     お気持ちは大変わかりますので、

     こちらも早く結果が出てほしいとその都度願っている状態です。

     (管轄 西宮年金事務)

閲覧数:17回0件のコメント
bottom of page