• 松崎 洋治

関節リウマチ 人工関節

最終更新: 1月24日

依頼者:  40歳代  女性


結果:  障害基礎年金2級


受給額: 約¥780,000/年


経緯:  15年ほど前から両手のこわばり・多関節痛が出現。

     医療機関に受診するも症状が悪化。

     その後、10年ほど経過した後、左肩関節も破壊が認められ、

     両肘・左肩に人工関節置換術。

     術後も両手・両ひざ・両足関節に機能障害。

     日常生活に著しい支障あり。

     

     遠方でしたが当所に依頼をいただき受任。

     以前に御家族が障害年金の手続きをされたそうですが、

     不支給となっていました。

     初診日が国民年金で2級以上必要に対して、

     人工関節は通常3級と認定される関係から不支給となったと推測。

     その頃に比べて症状も重くなっていたため、

     主張する傷病は人工関節に頼らず、

     手足の機能障害を大きく主張、

     無事に障害基礎年金2級が決定されました。


ポイント: 人工関節は例えば片方の肘でも両方の肘でも原則3級と裁定されます。

      今回の場合、人工関節では2級に届かない=不支給なので、

      両手両足に左肩など機能的に著しい障害が発生していることを

      重視した内容で2級を狙いました。

      リウマチ科の先生の診断書はよく実情を反映していて

      さすがの仕上がりでした。

      ・・・氏名の漢字の上にフリガナを忘れていたことを除いて・・・。

      ↑フリガナだけ。

      これで修正依頼を病院にかけるべきかどうか、

      こちらの判断のほうが難しかったかもしれません。

      (結局、そのままフリガナなしで年金事務所に提出。

      何も言われませんでした☆)

      (管轄 熊本西年金事務所)

  

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での