• 松崎 洋治

間質性肺炎 在宅酸素療法

依頼者:50歳代男性


結果:障害厚生年金2級


受給額:約¥2,100,000/年 (事後重症)


経緯:足に痛みや腫れを自覚。リウマチ科で受診、治療。

   一時軽快したかに見えたが、気腫合併肺線維症の疑いで

   引き続き治療を受ける。

   間質性肺炎が急に憎悪し治療を受けるも、

   難治性気胸を合併した為、在宅酸素療法を開始。


ポイント: 肺は「間質」と呼ばれる壁で区切られており、

      肺の組織は全体として蜂の巣のような構造になっています。

      主にこの間質において炎症が生じることを、『間質性肺炎』と呼びます。

      病気が進行すると間質が破壊、肺の構造が著しく障害を受けます。

      初期の段階では、運動に伴って息苦しさを感じるようになりますが、

      病状が進行すると日常生活のちょっとした動作でも

      苦しさを自覚するようになります。

      症状の程度によって障害年金の等級で3級や2級になる可能性が高いです。

      今回の症状は在宅酸素療法を受けながらほぼ活動範囲は自宅内であり

      2級が認められました。


      (管轄:加古川年金事務所)

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での