top of page
  • 松崎 洋治

間質性肺炎 在宅酸素療法

依頼者:50歳代男性


結果:障害厚生年金2級


受給額:約¥2,100,000/年 (事後重症)


経緯:足に痛みや腫れを自覚。リウマチ科で受診、治療。

   一時軽快したかに見えたが、気腫合併肺線維症の疑いで

   引き続き治療を受ける。

   間質性肺炎が急に憎悪し治療を受けるも、

   難治性気胸を合併した為、在宅酸素療法を開始。


ポイント: 肺は「間質」と呼ばれる壁で区切られており、

      肺の組織は全体として蜂の巣のような構造になっています。

      主にこの間質において炎症が生じることを、『間質性肺炎』と呼びます。

      病気が進行すると間質が破壊、肺の構造が著しく障害を受けます。

      初期の段階では、運動に伴って息苦しさを感じるようになりますが、

      病状が進行すると日常生活のちょっとした動作でも

      苦しさを自覚するようになります。

      症状の程度によって障害年金の等級で3級や2級になる可能性が高いです。

      今回の症状は在宅酸素療法を受けながらほぼ活動範囲は自宅内であり

      2級が認められました。


      (管轄:加古川年金事務所)

閲覧数:29回0件のコメント
bottom of page