top of page
  • 松崎 洋治

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性


結果: 障害基礎年金2級


受給額:¥781,700/年


経緯: お住いの県内ではどこで受診しても

    最初に受診したカルテを基でないと診断しない。

    あきらかにうつ病の症状があり、

    カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず

    最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。

    症状の程度も軽く証明されている。

    

    新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。

    遠方になりましたが、当方の地元の信頼できる病院で

    受診して頂き、今までの経緯と情報を考慮しつつ新規の検査を実施、

    その結果、うつ病と診断される。


ポイント: 地域によってこれほど診察の体制が違っていることに驚きでした。

      さらに、積極的に独自の検査結果で判断しようとせず、

      前医の情報の通りの診断結果しかださない。

      7,8件ほど受診しても全部同じ。

      地域でそのような診断するようでしたら

      思い切って県外の病院を受診するべきだと感じました。


      (管轄: 松江年金事務所)

    

閲覧数:131回0件のコメント
bottom of page