• 松崎 洋治

神経叢損傷

依頼者:40歳代男性


結果:障害厚生年金2級(5年遡及)


受給額:約¥6,000,000(5年遡及分)

    約¥1,200,000/年(事後重症分)


経緯:夜に友人の運転する車の助手席に乗車中、

   やや山中のカーブの多い道で、鹿が飛びだしてきた。

   あわてた友人は咄嗟に左ハンドルを切るが

   道路脇の電線柱に助手席部分を衝突させた。

   助手席に乗っていた依頼者様が重傷を負い、

   『 左腕神経叢損傷 』『 左鎖骨下動脈損傷 』と診断される。

   神経が全く機能せず、左腕は少しも動かせない状態となった。


ポイント:事故の日から1年6か月時点での受診は、遠い山口県のある病院。

     カルテは残存するが、主治医が独立開業のため既に勤務していなかった。

     病院でカルテを基に診断書の依頼をするも主治医でなければ書けないと拒絶。

     独立開業した当時の主治医を探して、こちらで取り寄せたカルテを渡し、

     独立開業先で診断書を記載して頂く。

     結果、遡及が認められたが、元の勤務先時代の診断書は

     なかなか書いてくれる先生が居ないなか、

     こちらの先生は思いやりのある優しい対応をして頂けた。

     先生の対応が無ければ遡及は不可能だったので大変感謝しています。


     『 神経叢 』とは、

     脊椎動物の末梢神経の基部や末端部で、

     多数の神経細胞などが枝分かれして網状になっている部分であり

     神経集網のこと。

     依頼者様はこの神経集網がゴソッと抜けてしまった状態のケガ。

     左腕1本がまったく動かせないので

     障害年金2級は妥当な裁定だと思います。

     (管轄 加古川年金事務所)

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での