top of page
  • 松崎 洋治

知的障害 40歳

依頼者:40歳代男性(本人)の兄弟


結果:障害基礎年金2級(事後重症)


受給額:¥781,700/年


経緯:幼少から知的障害の指摘があったにもかかわらず、

   親が認めずに何もしてこなかった。

   そのまま手続きもされず、就労も一般では難しく

   独自で生活するには困難な状況であった。

   40歳になった時に、兄弟が障害年金の存在を知る。

   評判の良い病院を紹介、検査等を実施した後

   診断書を書いてもらい障害年金2級に該当、受給。


ポイント:親が何もしない、知らなかったという事で

     手続がされず、そのうち親が動けなくなり

     生活に困窮している知的障害の方の御家族から

     御相談を受けることが度々あります。

     知的障害なので初診日は生まれた時で問題ないですが、

     20歳到達日の前後3か月以内の診断書がなければ

     遡及請求ができません。

     本来受給出来て生活費の足しになるはずだった障害年金を

     受給せずに大変な御苦労をされていますので

     何とか同じような御家族に制度の事を

     もっと知っていただきたいと強く思っています。

     (管轄: 加古川年金事務所)

     



閲覧数:15回0件のコメント
bottom of page