• 松崎 洋治

大腸クローン病(人工肛門・社会的治癒)

依頼者:40歳代男性


結果:障害厚生年金3級(5年遡及3級・事後重症3級)


受給額:遡及分 約¥2,600,000/年、 事後重症分 ¥585,400/年


経緯:10歳代の頃に徐々に腹痛を感じるようになった。

   病院で診てもらうとクローン病と診断。

   ある県のがんセンターで治療。症状が軽快。

   その後、特に支障が無かったので日常生活も気にならずに過ごす。

   10年ほど経過した頃に再び体調を崩し受診。

   軽快する。

   特に支障を感じられないほどだったので、普通に生活をする。

   さらに10年ほど経過したころ、再度体調を崩し緊急入院。 

   かなり症状が悪化しており(高度肛門狭窄併発)、翌日に人工肛門造設術を実施。

   

   初診日は10歳代だったので、障害等級2級以上に該当しなければ

   障害年金は受給できない。

   人工肛門は障害等級3級。初診日が10歳代で厚生年金加入期間中でなければ

   不該当となる。

   諦めていたところ、当所のHPをご覧になり障害年金受給の可能性を

   御相談いただく。


   ヒヤリングの結果、お客様の経緯の途中、治療を中断、

   何事もなく勤務していた期間が10年以上もあり、

   『 社会的治癒 』 の制度を利用できると判断。

   これが認められたことにより、

   初診日が緊急入院した時で厚生年金加入期間中となったため、

   人工肛門で障害厚生年金3級(5年間遡及)が認められた。


ポイント:人工肛門=基本的に3級に該当。

     初診日が国民年金や20歳前の場合は2級以上必要。

     一定期間受診しておらず、日常生活も健常者と同じように

     過ごしていれば、その期間は『 社会的治癒 』とみなすことができ、

     その後、再び受診した日を初診日とできる。

     (以前の初診日はリセット。人工肛門や人工関節でよく利用する制度)

     (管轄 刈谷年金事務所)







   

   

   

   

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での