• 松崎 洋治

多発性脳梗塞 左片麻痺

依頼者:60歳代男性(依頼はご家族)


結果:障害共済年金2級(遡及)、障害共済年金1級(事後重症)


受給額:約¥4,000,000(遡及分)、約¥2,500,000/年(事後重症)


経緯:『多発性脳梗塞』(再発)という診断結果により

    左片側が麻痺。老齢年金を受給していたが

    年金事務所で障害年金の事を教えてもらう。

    手続が煩雑になるので社労士に依頼したほうがよいと

    アドバイスを受け、当所に連絡を頂く。

    受任後、主治医に障害認定日と現在の診断書を記載してもらうが、

    病名に(再発)の文言。

    この認識を巡って共済側と病院側で異なったため、

    調整の為両者にそれぞれ意見を伺いつつ、

    共済の窓口担当の方にもご協力を得ながら

    認識のズレを調整、

    かなり時間がかかりましたが

    上記の結果につながりました。


ポイント:『多発性脳梗塞』の(再発)

      再発となれば、初診日が再発前の発症時期になるという意見と、

      以前の症状とは全く別物という意見に真っ二つ。

      これを解決しなければ初診日不明で障害年金が認められない事態に

      なりかねない。

      実際は別症状が正しいので、(再発)という文言が不要・・・

      不要どころか、ものすごく邪魔な言葉になっていたのだが、

      主治医が意見を頑なに曲げない。

      そこで主治医には以前の症状と現在の症状を詳細に記載してもらい

      共済で客観的に判断、

      別症状と共催が認定して年金の受給決定となった案件でした。

      (管轄: 加古川年金事務所 地方公務員共済組合)



      


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での

住所:〒675-0017

         兵庫県加古川市野口町

   良野101-6 

障害年金

まつざき特定社会保険労務士

          事務所

 

 特定社会保険労務士

 障害年金相談員 

           松崎洋治

TEL・FAX   079-440-5606

mail: 

matsuzakisyogainenkin@yahoo.co.jp