• 松崎 洋治

双極性感情障害(教員)(遡及)

依頼者:50歳代男性


結果:障害共済年金2級(遡及)、障害共済年金1級(事後重症)


受給額:障害共済年金 約¥6,000,000(遡及分)、

    障害基礎年金 約¥4,000,000(遡及分)、

    障害共済年金 約¥1,450,000(事後重症)、

    障害基礎年金 約¥1,200,000(事後重症)


経緯:長い期間、教員として勤務していたが、

   父が亡くなったことにより気力が落ちて疲労が蓄積、

   その後出勤が困難となる。

   心療内科ではうつ病として治療、復職と休職を繰り返す。

   相談相手の後輩にセクシュアルハラスメントで訴えられ

   かえって闘志が異常に湧く姿を診て『双極性感情障害』と診断名が変わる。

   そのうち鬱の症状が強くなり示談に応じる。

   その後も自宅から出ることができず、復職はかなわなかった。


ポイント:家族が亡くなる、信頼していた人から訴えられるなど

     心労が激しかったことがきっかけで鬱病に。

     そこに躁状態も加わり心身への疲労が極限に達した模様。

     それまでは何も病状を呈していなかった。

     ある事態がきっかけとなり急に憎悪するケース。


     共済年金を長年掛けてきて、初診日も遅い時期。

     加えて5年の遡及。そして途中から1級へと額改定。

     結果として年金額が大変高額となった案件。

     (管轄:地方公務員共済組合、明石年金事務所)    

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

急性散在性脳脊髄炎

依頼者:50歳代女性 結果:障害基礎年金2級(遡及約2年) 受給額:遡及分¥約1,700,000  事後重症分¥781,700/年 経緯:ある日の夜に高熱を発症。自宅療養では熱が下がらず 翌日に病院へ受診。 薬を処方されても下がらない。原因が不明なため 大病院へ紹介。 ふらつきや発熱・頭痛などがおさまらず、小脳失調も診断された。 治療を続けていたが歩行障害・痺れ・麻痺・排尿便障害などが継続。 移動

脳挫傷(意識不明継続)

依頼者:(当事者)60歳代男性 (依頼者)父親 結果:障害基礎年金1級 受給額:¥977,125/年 経緯:駅の階段から足を滑らせ転落、頭部を強打し救急搬送。 入院治療の後、出血も止まったので退院。 その後しばらく外来での受診だったが、ある日倒れているところを 発見され救急搬送。そのまま意識が戻らず入院治療中。 ポイント:ご本人様が意識不明で本人の意思が確認出来ない状態での 障害年金請求手続は特殊

うつ病 親の他界 昇進試験 重要プロジェクト

依頼者: 50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,8000,000/年 経緯:父が他界し、気持ちが落ち込んでいるときに 勤務先の昇進試験と重要プロジェクトが重なる。 気持ちに余裕がなくなり大きなストレスを感じ 鬱気分、頭痛を自覚。 やる気が湧いてこずに気分が落ち込むことが多くなる。 しばらく経っても一向に気分が回復しない。 心療内科に受診、うつ病と診断される。 勤務先が常にストレスを

住所:〒675-0017

         兵庫県加古川市野口町

   良野101-6 

障害年金手続き専門・

まつざき社会保険労務士

事務所

 

 社会保険労務士

 障害年金相談員 

           松崎洋治

TEL・FAX   079-440-5606

mail: 

matsuzakisyogainenkin@yahoo.co.jp