• 松崎 洋治

双極性感情障害

依頼者:30歳代男性の母親


結果:障害基礎年金2級


受給額:¥781,700/年(事後重症)


経緯:両親とも心療内科への受診歴がある。

   中学校から不登校となり心療内科を受診。

   いじめも原因かと思われる。

   高校に入学するも不登校。卒業後、自宅閉居。

   昼夜逆転の生活。入院や転医は本人が拒否し、そのままの状態で過ごす。

   親身になってくれていた父親の死去がきっかけで症状が悪化。

   母親からの御依頼で受任。

   主治医の先生には

   鬱の状況はもちろん、特に躁状態を詳細に反映してもらう。

   暴力・興奮状態・寝付けないなどの諸症状が重い。

   

ポイント:双極性感情障害は特に躁状態を詳細に反映したい。

     病状の特徴である双極性の出現を顕著にすることで

     日ごろのご苦労が自ずから伝わる。

     (管轄: 明石年金事務所)

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

双極性感情障害(教員)(遡及)

依頼者:50歳代男性 結果:障害共済年金2級(遡及)、障害共済年金1級(事後重症) 受給額:障害共済年金 約¥6,000,000(遡及分)、 障害基礎年金 約¥4,000,000(遡及分)、 障害共済年金 約¥1,450,000(事後重症)、 障害基礎年金 約¥1,200,000(事後重症) 経緯:長い期間、教員として勤務していたが、 父が亡くなったことにより気力が落ちて疲労が蓄積、 その後出勤が

癲癇(てんかん)・器質性認知障害 遡及

依頼者:40歳代女性 結果:障害基礎年金2級(遡及) 受給額:¥約4,400,000(遡及5年分)、¥780,100/年(事後重症分) 経緯:産まれてすぐに髄膜炎。その影響からか幼児期から大人になるまでの間に 行動がおかしいと指摘されることが度々あった。 震えが出てきたので病院で診てもらうと、脳波異常が認められた。 『てんかん』と診断され薬の処方。 その後ひきつけを起こし、おおきな発作となる。 以

乾癬性関節炎

依頼者:20歳代男性 結果:障害厚生年金3級(事後重症) 受給額:¥585,100/年 経緯:皮膚にかゆみなど自覚。しばらく市販の薬で様子をみていたが 良くならなかった。 そのうち身体の関節部分に痛みが生じ、整形外科などで検査をしてもらうが 異常を発見できなかった。 その後も痛みが収まらなかったが、原因は不明。 何件目かの病院で初めて『乾癬』と診断される。足首・腰・膝・手首・肩・首など あらゆる関

住所:〒675-0017

         兵庫県加古川市野口町

   良野101-6 

障害年金手続き専門・

まつざき社会保険労務士

事務所

 

 社会保険労務士

 障害年金相談員 

           松崎洋治

TEL・FAX   079-440-5606

mail: 

matsuzakisyogainenkin@yahoo.co.jp