top of page
  • 松崎 洋治

化学物質過敏症

依頼者:20歳代女性


結果:障害厚生年金2級(事後重症)


受給額:約¥1,200,000/年


経緯: そばアレルギーをはじめ、蜂やカビなどのアレルギーを調べたが

    陰性。他に症状があると思われるが不明。

    その後、頭痛・息切れ・動悸・倦怠感・発疹・まぶしさ・脱力感・

    膨満感・記憶力低下など多彩な症状。

    化学物質過敏症と診断される。


ポイント:アレルギーではないが、何かの状態で悪化していたことを

     化学物質過敏症と関連があるとして、

     初診日の設定をアレルギーで受診した病院で請求したものの、

     結果は実際に化学物質過敏症と確定診断した病院が初診日とされる。

     以後、同じような案件でも同様の裁定となっている。

     

     (管轄: 浦和年金事務所)

閲覧数:39回0件のコメント
bottom of page