top of page
  • 執筆者の写真松崎 洋治

化学物質過敏症 当初はそばアレルギー?検査結果陰性 → 化学物質過敏症確定診断

依頼者: 20歳代 女性


結果: 障害厚生年金 2級


受給額: 約¥1,200,000/年


経緯: 学生時代はそばアレルギーだと感じていた。

    蜂に刺されアナフィラキシーショック予防のため検査。

    蜂のアレルギーやそばアレルギーは陰性。他に要因があることだけは判った。

    その後は徐々に周りの人から漂う匂いに体調不良を自覚。

    専門の病院へ受診し、化学物質過敏症と診断される。


ポイント: そばアレルギー等が陰性であり、他に要因があることが判明した時点を

      初診日と主張したが、根拠資料が無く遡及手続きは断念。

      確定診断がされた医療機関の初診が当該病気の初診日となった。

      (管轄:明石年金事務所)



障害年金 社労士 神戸
障害年金 社労士 明石

閲覧数:53回0件のコメント
bottom of page