• 松崎 洋治

化学物質過敏症 

更新日:1月21日

依頼者 50歳台 男性  


結果 障害厚生年金2級 5年間遡及+事後重症


受給額 約600万円(遡及分込み)


診断書 その他


経緯  隣の市の市役所の障害年金課から紹介。30年ほど前に皮膚科を受診して以来、

    通院することのデメリットのほうが大きいため医療機関から遠ざかっていた。

    まず今現在の診断書を記載してもらうため、隣の大阪府まで病院を探すも

    書いてもらえない。結局当初自信が無いと断られた30年ほど前の初診日の

    先生に再度依頼。

    診断書の書き方などフォローするという条件で記載してもらえることに。

    症状自体は文句なしの2級程度。

    ありとあらゆる外気・雨水・排ガス・添加物・などなどに反応して

    自宅の外には重装備をしないと出ることができない。

    

    30年ほど前の初診日の頃の先生でしたが、

    カルテは残っていたので遡及手続きが可能に。

    5年間の遡及が認められ高額の受給となった。


    今まで長い間、想像を絶するご苦労をされてきましたので

    高額といっても全然報われない程度の金額だと思います。

    しかし、ご本人様はとても喜んでいただき

    時々奥地に籠ってはきれいな空気で身体を労わっている生活が

    できるようになりました。

    

    本当に長い間大変でしたね。可能な限り身体を休めてください(^^)


ポイント 化学物質過敏症の診断書は『 医師 』 であれば認められます。

     極端な話、産婦人科の先生でも証明としては有効です。

     そのことを説いても、なかなか診断書を記載してくれない現状。

     今では国内でも数件しか書いてもらえないので

     地方では症状の重さ以上に診断してくれる先生を探すことに苦労する病気です。

     (明石年金事務所 管轄)

    

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での