• 松崎 洋治

両感音性難聴

依頼者:50歳代女性


結果:障害基礎年金2級


受給額:¥781,700/年


経緯:成人するまでは、聞こえにくい音もあったが

   何とか普通に生活できていたので病院にも通わなかった。

   しかし、成人後難聴が悪化していき、補聴器なしでは聞き取れなくなっていた。

   それでも周りからの見た目を気にして病院も補聴器も付けなかった。

   先天性ではないので、話すことはできる。

   結婚後、夫が行動を共にして難聴をカバー。

   自身でも読唇術を身につけ、普段の会話は聞こえなくても

   相手の口をみれば何をしゃべっているのかわかる。

   難聴が理由で障害年金を検討。

   数値も2級程度に満たされていたので無事に受給できた。


ポイント:

     両耳の聴力レベルが100デシベル以上 1級

     (電車が通る時のガード下程度の音)

     両耳の聴力レベルが90デシベル以上  2級

     (大声による独唱・騒音の工場内程度)

     両耳の聴力が40cm以上では

     通常の話声を解することができない程度に減じたもの 3級


     (管轄: 加古川年金事務所)

   

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での