• 松崎 洋治

両変形性股関節症

最終更新: 1月30日

依頼者:50歳代女性


結果:障害厚生年金3級


受給額:¥584,500/年(事後重症)


経緯:先天性の関節症。1歳の頃手術をしたらしいが

   カルテや記録はない。

   その後幼少期から成人まで特に問題なく過ごす。

   社会人になり徐々に関節の痛みを自覚。

   市民病院で受診し治療もおこなうが、効果的な治療方法はなく、

   補助具と筋力トレーニングで様子を見るように指示を受ける。

   仕事のこともあり治療効果も期待できないので受診しなくなる。

   しばらくは仕事が忙しく治療も行っていなかったが、ある日激痛を感じ

   受診。将来的に人工関節の可能性と診断される。

   人工関節置換術になかなか踏み込めない状況の時に当所に御相談。

   現状の症状でも3級の見込み有と判断、

   先天性ではあったが成人するまで受診していないので

   初診日は社会人になって激痛を感じた日と設定。

   無事に認められて3級受給となった。


ポイント: このように先天性の場合、診断書に記載する初診日の欄を不明と記入する

      病院や先生が多いです。初診日欄が不明ではほとんど無効となるので

      経緯を説明して必ず記載してもらう必要があります。

      『 先天性 』となれば、産まれた時が初診日ですが、

      長い期間受診していないなら本格的に受診し始めた日が初診日と認められる

      ケースもあるので有利な方法を検討してください。


      ※先天性=20歳前障害 ←国民年金扱いで障害等級2級以上が

       障害年金に該当します。しかし、多くの人は人工関節=3級の場合が多く、

       障害年金受給ができないという内容の相談が多いです。

       上記のケースのように、長い期間受診していなく、大人になってから

       本格的に受診を始めた人については、その再受診の日が厚生年金加入期間

       であれば初診日を厚生年金(障害等級3級から受給できる)として

       手続すれば、先天性でも障害厚生年金3級を認められる可能性があります。 

       (管轄 加古川年金事務所)

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

適応障害 → うつ病

依頼者:20歳代女性 結果: 障害基礎年金2級 受給額:¥781,700/年 経緯: お住いの県内ではどこで受診しても 最初に受診したカルテを基でないと診断しない。 あきらかにうつ病の症状があり、 カルテにも所々そのことを記載しているにもかかわらず 最初に診断された『 適応障害 』を変えようとしない。 症状の程度も軽く証明されている。 新規で受診しようとすれば3か月待ちと言われる始末。 遠方になり

心臓疾患3級 → 人工透析2級

依頼者:50歳代男性 結果:障害厚生年金2級 受給額:約¥1,300,000/年 経緯: 心臓疾患で障害厚生年金3級を受給済み。 腎臓にも支障がでてきて人工透析となる。 何とか初診日が厚生年金と認められ 障害厚生年金2級の受給権も得る。 心臓疾患3級と人工透析2級との選択となり 有利な人工透析の方を選択。 3級と2級との差額分 約¥630,000/年ほど増加受給することになった。 ポイント: 内臓

胃がん 抗がん剤治療

依頼者:50歳代男性 結果: 障害厚生年金3級 受給額:¥819,617/年 経緯: 腹部に不快感あり。検査の結果、胃癌と診断。 手術により胃の下部切断。術後しばらくは異常なし。 しかし、その後の検査で4個の組織が残存。抗がん剤治療へ。 リンパ節への転移。 リンパ節摘出手術。 抗がん剤治療により自宅で臥床している時間が長くなる。 食欲もなく体重減少が顕著に。 日常生活では家族の援助が必須。単独での