top of page
  • 松崎 洋治

うつ病 更新 激変緩和依頼

依頼者:40歳代男性


結果:2級→3級


受給額:約¥1,350,000/年 → 約¥585,000/年


経緯: 数年前にうつ病で障害厚生年金2級を受給。

    今回更新の時期が到来。

    しかし、症状はかなり軽快しており、

    仕事も週5日なんとか勤めることができるほどにまで回復。

    先生からも、もう障害年金は該当しないと思いますと

    言われてましたが、まだ体調も本調子ではないこと、

    そのような状況で急に¥1,350,000/年もの減収は厳しすぎる。

    2級の現状維持はムリでも、せめて3級で踏みとどまることができないか・・・。

    という御依頼でした。

    先生の診断書は、宣言通り3級にも満たない内容。

    日常ではまだ本調子でないことを自己申立書に記載して提出。

    この結果、年金機構も急に支給停止にするよりは

    もうしばらく様子を見てくれることになり

    3級への額改定が決定。


ポイント: 『病歴・就労状況等申立書』を使い添付の義務はない自己申立を作成、

      提出。診断書の内容が軽いにも関わらず、

      年金機構側も、こちらの主張を考慮してくれたみたいで

      急に軽快という判断ではなく、徐々に軽快していると判断したようです。

      その結果、支給停止ではなく1級落として3級へ等級変更。

      次回更新は2年後。

      その時にはおそらくしっかりと回復して

      障害年金から卒業していることだと思います☆

      (管轄 加古川年金事務所)

閲覧数:22回0件のコメント
bottom of page