top of page
  • 松崎 洋治

うつ病 他 別症状数種

依頼者  40歳代 女性


結果  障害厚生年金3級(事後重症)


受給額 ¥584,500/年


経緯: 鬱病、狭心症、クローン病、子宮関係の症状で

    ご苦労をされているお客様。

    多くの症状を診断されながらどれも症状が重度というほどではない。

    狭心症・クローン病・子宮については

    診断書を記載できるほどではないと主治医からの回答。

    残りの鬱病も障害年金の3級に該当するには少し軽いと裁定される可能性も。

    (アルバイト勤務をしていたことも不安材料)

    いつもお世話になっている信頼のおける先生に受診をお勧めして

    先生の診たての結果次第で年金請求にチャレンジするかあきらめるか

    判断することに。

    先生の診たては診断書の記載は可能で3級も狙えるという回答でした。

    とは言っても、診断書のみでは不支給になる可能性もあったので、

    『病歴・就労状況等申立書』に日々のご苦労を詳細に記載、

    今回はうつ病1本に絞って請求書を提出、

    無事に3級が認められることとなった。


ポイント: 多種の症状が出現しており、どの症状で年金請求できるかの選別が

      重要でした。

      その中でも一番症状が重いと思われたうつ病でも、アルバイトをしている

      現状のため、日々のご苦労をより詳細に申し立てる必要がありました。

      主治医の御理解も必要でしたが、この点はお勧めできる先生のおかげで

      現状をよく反映して頂けました。

      これらが抜けていたら不支給だった可能性が高い案件だったので

      無事に認められて良かったです。

      (加古川年金事務所 管轄) 

閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page